前へ
次へ

ヘアオイルを使わないヘアケア

美容師の人によると、植物性のヘアオイルは髪が乾燥しやすいそうです。
椿油やあんず油などいろいろ

more

本気でヘアケア商品を考える

男性と女性で比較してみると、圧倒的に女性のほうがヘアケア商品に気を遣っています。
自分の髪の毛

more

ヘアケアをする上で重要なことを考える

基本的に、特定のところでヘアケアをしてもらうのであれば、できるだけ医療機関で実践してもらったほうが良

more

自宅で出来る椿オイルを使った簡単なヘアケア

自宅でやっている簡単なオイルパックによるヘアケアを紹介します。
用意するのは椿オイルと櫛だけなので、誰でも簡単にケアをすることができます。
入浴の30分前になったら、椿オイルを手に数滴取って髪と頭皮になじませるようにします。
特に、夏場は髪が痛みやすいので頭皮に入念に刷り込むようにするとよく馴染みます。
全体にオイルを塗ったら、今度は櫛で髪をとかして髪にオイルを馴染ませます。
こうすることで髪が柔らかくしっとりとするのです。
30分放置した後にお風呂に入り、あとは通常通りにシャンプーとリンスをするだけでOKです。
これをするだけで紙のコシが強くなり、つややかで健康な髪になります。
髪が乾燥したり傷んでいる時にはこの方法のヘアケアが一番効果的です。
オイルが髪のキューティクルを保護し、守ってくれるので艶を出すことが出来るようになるのです。
10代の頃からずっとこの方法でヘアケアをしていますが、髪のダメージを修復してつややかな髪に改善してくれます。

情報とつながるコワーキングスペースを大阪で
新しい出会いやアイデアが生まれる場所となっています

【姫路】ホームページ作成・制作・ウェブサイト構築なら/株式会社スイム
ホームページなどWebを中心に集客へと結びつく広告やシステムを提供し、制作・広告・解析とトータルでお客様の売り上げをサポートします。

家族や仲間とキャンプを楽しもう|キャンピングカーレンタル

椿オイルは京都の老舗のお店で購入しています。
通販やドラッグストアで販売しているものに比べると効果なものですが、長年京都の舞妓さんが愛用している椿オイルだけあって、品質がとても良いのです。
酸化防止効果があることから、髪が傷んだりすることを防ぎます。
長年椿オイルを使っていますが、これを使い始めてからというもの、白髪に悩まされなくなりました。
舞妓さんが使っているだけあって、美しい黒髪を維持することができています。
時間がない時には、洗髪をした後に椿オイルを使用し、その後にドライヤーを掛けています。
オイルの働きによって髪が柔らかくなり、ドライヤーの熱を当てても髪が痛むことなくサラサラになります。
夏場は髪が痛みやすいこともあり、髪のダメージ補修のためにあとから椿オイルを使う機会が増えます。
椿オイルは髪だけでなく、肌に直接塗っても良いので、手について余った分を顔に塗って保湿パックをすることもあるのです。

Page Top